キャッシングの審査には「本人確認書類」と「収入証明書類」が必要になります。

収入証明書類は場合によって必要ないこともありますが、本人確認書類は必ず提出を求められます。

使用できる本人確認書類と収入証明書類は、どこのキャッシング会社でもほぼおなじとなります。


本人確認書類について

先ほどもお伝えしましたが本人確認書類の提出は必須です。一般的に審査に有効な本人確認書類は以下のものになります。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

外国籍の方の場合は、「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要です。

もし、本人確認書類に記載されている住所と現住所がことなる場合、現住所を確認できるものを用意する必要があります。
現住所を確認できるものとして使えるのは、

・公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話)
・住民票の写し
・印鑑証明書

など、発行日から6ヵ月以内のものになります。


収入証明書について

多くのキャッシング会社では借入れ額が定めされた範囲内である場合、収入証明書を提出しなくても借入れすることが可能です。

よくあるのが

・借入れ額が50万円以内なら収入証明書が不要
・借入額が他社との合計100万円以内なら収入証明書が不要


といったものです。

この範囲を超えると収入証明書類が必要になります。

また、個人事業主の場合は範囲内であっても収入証明書の提出が必要になることが多いです。

収入証明書類として使える書類は、

・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書

いずれも最新のものになります。

収入証明書類が必要な条件は各社によって異なりますが、収入証明書類として使える書類はどこでもほぼ同じです。

以上がキャッシングする際に必要となる書類になります。

必要な本人確認書類と収入証明書類は、どこのキャッシング会社でもほぼ同じですが、条件などは異なることがありますので、ご自身が利用する会社の規約をよく確認してくださいね。

メニュー