「生活保護を受給していてもキャッシングできるのだろうか?」このような疑問を持っている方は少なくないようです。生活保護を受給しているとはいえ毎月一定の収入があります。

ですから、キャッシングできそうなものですがどうなのでしょうか?


生活保護受給者のキャッシングについて

残念ながら、生活保護受給者のキャッシングは不可能です。

たしかに毎月一定の収入がありますので、無職の人などよりも審査上有利になりそうなものですよね。

ですが、キャッシング会社は「定職に就いており、毎月安定した収入があること」を重視しています。

キャッシング会社は貸したお金の利息によって収益を得ていますので、融資申込者の返済能力をなりよりも重視しているんですね。

生活保護受給者ですと、「定職に就いておらず、毎月安定した収入がない」と見なされてしまうのです。


そもそも生活保護費がどういうものなのかを考える

生活保護費というのは、「最低限度の生活を維持するために活用することが前提」となって、国から支給されているものです。

食費や衣服費、光熱水費など生活に必要な費用をまかなうためのお金なんですね。

そのお金をキャッシングの返済費用にするなどもってのほかになります。

受給するためには厳しい審査があり、受給中もいろいろな厳しい制約があります。

例えば、車の所持や運転、旅行に行くこと、贅沢品の購入なども禁止されているんですね。

こうした制約を破ると生活保護受給の打ち切りもあるのです。

同様にキャッシングをした場合にも、生活保護受給の打ち切りの可能性があります。


まとめ

残念ながら生活保護自給者のキャッシングは不可能です。

生活保護を受けいてる場合、お金に困る場面は多々あると思いますが、キャッシングの利用はあきらめたほうがいいでしょう。

万が一、審査に通ったとしてもいずれケースワーカーにバレてしまいます。そうすると、生活保護受給の打ち切りの可能性もあるのでやはりおすすめはできません。

メニュー