「急な出費でお財布がピンチ!」

そんなとき貯金でまかなえれば良いですが、それも難しいことってありますよね。とくに収入のない専業主婦の方ですとなおさらです。

そういう時にキャッシングの利用を考える方もいると思います。

でも、収入のない専業主婦でも利用できるものなのでしょうか?


専業主婦でもキャッシングできる?

結論から言うと、専業主婦が利用できるキャッシングはかなり限られてしまいます。

その理由は、2010年6月18日に貸金業の中に総量規制という法律ができ、収入のない方がお金を借りることに規制がかかったためです。

貸金業の総量規制とは以下のような法律です。

・消費者金融系から、キャッシングする際の上限は年収の1/3まで
・キャッシング時に、収入証明書や源泉徴収票などの書類が必要

この総量規制のため、大手消費者金融のほとんどは、専業主婦など収入のない方の申し込みを断るようになりました。


では専業主婦は借り入れできないの?

総量規制のため、たしかに専業主婦はキャッシングすることが難しくなりました。

しかし、完全に利用できなくなったわけではありません。

専業主婦がキャッシングできる例外が2つあります。

それは「銀行系のカードローン」と「配偶者貸付」です。


銀行系のカードローンは総量規制の対象外

総量規制の対象はあくまで消費者金融系のみです。

銀行系のカードローンは銀行法のため適応されません。

そのため、銀行系のカードローンは配偶者である夫に安定した収入があれば、 専業主婦でもお金を借りることができる可能性があります。

会社によっては、配偶者の同意や収入証明書なども不要で融資してくれるところもあるので、 「夫に内緒で借りたい!」という方にも向いています。


配偶者貸付について

配偶者貸付は夫婦であることを証明できれば、夫婦の年収を合計した金額の3分の1以下で借り入れできる制度です。

いわば、専業主婦のために作られた総量規制の救済策といったとことでしょう。

夫の同意や夫の収入証明書、夫婦であることを証明する書類などが必要になりますが、この制度を利用すれば専業主婦でも消費者金融からキャッシングすることができます。

ただし、通常のキャッシングよりも提出書類や確認作業が多くなり、手間がかかってしまうため、 この制度を採用しているキャッシング会社はあまり多くないのが現状です。


まとめ

・貸金業の総量規制によって専業主婦のキャッシングは困難になった。
・銀行系のカードローンは総量規制の対象外なので借り入れできる可能性がある。
・配偶者貸付を利用すれば、夫の同意は必要になるが借り入れ可能。

メニュー